2018年12月6日木曜日

2018年12月の住宅ローン金利 フラット35は引き下げ

2018年12月の住宅ローン金利が発表されました。


フラット35(返済期間21年以上35年以下)の金利は最低金利が3か月連続で上昇していましたが12月は少し引き下げられました。

各行の住宅ローン金利はほぼ据置きです。
11月に長期金利が下落したことが要因と思われます。

日銀の黒田東彦総裁は12月6日、参議院財政金融委員会に出席し、金融緩和を推進するうえで、バランスシートの規模に「上限はない」とし、「あくまでも2%の物価安定目標を早期に達成するために必要な金融緩和政策を行う」とあらためて発言しています。




2018年12月の住宅ローン金利一覧
変動金利3年固定10年固定20年固定
三菱UFJ銀行0.5250.4000.800
みずほ銀行0.5250.5500.7501.250
三井住友銀行0.5250.9001.4501.790
りそな銀行0.4700.9951.3452.395
三井住友信託銀行0.4750.4501.0251.500
横浜銀行0.6000.7251.0751.550
ソニー銀行0.4570.7330.9801.517
新生銀行0.6000.9001.0501.600
東京スター銀行0.5000.9001.050
イオン銀行0.5200.4300.740
住信SBIネット銀行0.4470.8601.380
楽天銀行0.5270.9141.197
じぶん銀行0.4571.4501.5901.860
※金利は毎月見直されます。申込時ではなく、借入時の金利が適用されます。
※上記金利は金利引き下げ後の金利です。金利の引下げ幅は、審査結果等により決定します。
フラット35
15~20年21~35年※借入90%以下 機構団信付
ARUHI1.321.410
住信SBIネット銀行1.3201.410
楽天銀行1.3201.410
イオン銀行1.3201.410



0 件のコメント:

コメントを投稿

この記事が参考になりましたら、 下の2つのバナーをそれぞれ1クリックお願いします。

投資用不動産向け融資厳格化 改めて不動産投資をする意味を考える

スルガ銀行の不正融資問題が発覚以降、投資用不動産向け融資は審査が厳格化されています。 一物件一法人や2重契約によるオーバーローン、金融資産エビデンスの偽造などのイリーガルな手法は行えなくなり、急激に規模拡大して専業大家になることは難しくなりました。 不動産投資をやる目的が...