2017年7月6日木曜日

「不動産投資の甘い罠」

こんにちは。
栄不動産株式会社です。
http://s-fudousan.cbiz.co.jp/


少し前の話になりますが、6月24日号の週刊ダイヤモンドが
「相続・副業の欲望につけこむ 不動産投資の甘い罠」
という特集を掲載しました。


雑誌なので大げさに書いてある部分はたくさんあると思いますが
複数の業者の資料を入手して検証するなど非常に興味深い内容でした。

セミナーや不動産投資の本では良いことだけしか教えてもらえないですから
たまにはこんな内容の本を読んでみるのも良いのだと思います。

今回は週刊ダイヤモンドの特集について取り上げてみたいと思います。


①相続税対策としての不動産投資



相続税対策としてローンを利用してアパートを建設することは
有効な手段のひとつです。

アパート建設による相続税対策が有効となるには
いくつかの前提条件があります。

多額の現金を持っている場合や自宅以外に土地を持っている場合には
賃貸需要が見込める立地条件で収支が合うなら検討しても良いでしょう。

週刊ダイヤモンドでは以下の問題点をあげています。

・リスクを負う相続税対策が必要のない人のアパート建設
・35年一括借り上げ(サブリース)のトラブル


サブリースのトラブルについてはこちらの記事をご覧ください。
「サブリースのトラブル 原因と対処法」
http://fp-s-fudousan.blogspot.jp/2016/08/blog-post_25.html


②副業としての不動産投資



「受け取れる年金が減るのでは?」など将来への不安から
不動産投資をする人が増えています。

セミナーや不動産投資の本の影響で不動産投資の規模を拡大して
セミリタイアを目指している人もいるかもしれません。


週刊ダイヤモンドは副業としての不動産投資の問題点は
以下の3点をあげています。

・家賃が下がらない前提でのシミュレーションによる投資判断・赤字収支の不動産投資・返済比率の高い融資



〇不動産投資は甘い罠だらけ?



いろいろと問題点があがりましたが資産運用としての
不動産投資は正しく行えば決してリスクの高いものではありません。

物件を購入した後の運営について事前にリスクを考えておけば
破綻をするようなことは少ないのです。

セミナーや不動産投資の本では教えてもらえないのかもしれませんが
利回り10%のRC造の物件をフルローンで5棟買ったら
人生全てうまくいくわけではありません。

どんな物件でも建物が古くなれば家賃は下がります。
立地条件によって下落率に差はあると思いますが、
全く下がらないということはありません。

建物は古くなれば修繕をする必要があります。
設備の更新も必要です。
修繕をしなければ家賃の下落率が上がってしまいます。

工事には費用がかかるのでその費用は賃料から
積み立てておかなければなりません。

収益不動産は保有してから経営がスタートします。
シミュレーションの段階から家賃の下落や修繕費用を試算してあれば
このリスクは事前に準備ができます。

投資に失敗している人の多くはシミュレーションの甘さに原因があります。
単年や10年分くらいのシミュレーションしかしていなかったり
見通しが楽観的だったり、なぜか節税分が収支に入っていたり。

きちんと家賃下落や修繕費、金利上昇などのストレスをかけた
シミュレーションをしてあれば赤字収支の不動産投資や高い返済比率の不動産投資は
実行する意味がないことが分かると思います。


当社に相談にいらっしゃるお客様には
不動産投資は想像しているほどは儲からないと伝えています。

「甘い罠」に引っかからないためにも冷静にシミュレーションをして
投資判断をしてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿

【不動産投資は自己責任】 こんな時だからこそ投資の基本を再確認する

今日の午後スルガ銀行の不正融資について第三者委員会の調査報告書が公開されました。 不正融資は2兆円にのぼるとの報道がありましが総額や件数は調査が困難で断念とのことでした。 もし、不正融資の総額が2兆円なら1人1億の融資だとしても2万人の投資家に影響が出ている計算です。 ...