2016年10月18日火曜日

ファイナンシャルプランナーが考える資産形成の必要性

こんにちは。
栄不動産株式会社です。
http://s-fudousan.cbiz.co.jp/



7月に投資をする前にライフプランを作成しましょうという記事を書きました。
http://fp-s-fudousan.blogspot.jp/2016/07/blog-post_19.html


その記事の中でも書きましたが、ライフプランを作成して
老後の資金がショートすると診断されれば改善するためには
節約をするか足りない部分を増やす必要があります。



メディア等の報道でも言われることですが、日本人は貯蓄が好きな民族です。




よく見かけるグラフですが欧米に比べると圧倒的に貯蓄の割合が高いですね。


アメリカは一部の富裕層が多くの株式を持っていて、
日本は高齢者層が多くの資産を貯蓄で持っているので
現実にはこれほどの差はないかもしれませんが、
日本人は貯蓄を好む傾向があるのは間違いないだろうと思います。


ファイナンシャルプランナーへの相談の多くは
「保険の見直し」「住宅ローンの見直し」「家計の相談」などです。


多くは節約・削減についてのもので資産形成・資産運用についての相談はあまりありません。
メディアに登場するファイナンシャルプランナーが節約ばかりを取り上げることも
「節約」に相談が集中する理由だと思います。


無駄な出費を減らすことは家計を改善するうえでとても大切です。
家計を節約という面から考えるとできることは限られています。

しかし、節約には限界があります。
どうしても足りない部分は何らかの方法で増やす必要があるのです。


増やす方法にはいろいろなものがあります。
仕事を頑張って給与所得を増やすことも手段のひとつです。
しかし職種にもよりますが急激に増やすのはなかなか難しいのではないでしょうか。

投資や資産形成という面では不動産だけでなく株・投資信託、FXもありますし
個人年金保険や確定拠出型年金などもあります。


分散投資という面から考えるとどれかに特化してはいけないと思います。

その中で不動産投資をポートフォリオに勧めるのは
①不動産は購入後の運営を専門業者に任せることができること
②株式やFXのように毎日相場をチェックする必要がないこと
この2点が本業に忙しい人に向いているからです。

不動産投資以外にも分散投資のためには個人年金型保険や
確定拠出型年金などは必要だと思います。

どのように資産形成をしていくか考えるためには

ライフプラン作成が第一歩です。
まずはライフプランを作成してどの規模の投資や資産形成が

必要なのか知りましょう。


少し古いデータですが、2004年に日興コーディアル証券が
『リタイア後の生活費と資産運用 日米比較意識調査』
というレポートを発表しています。

その中で日本の主婦の4人に1人がリタイア後の生活について
「憂鬱だ」と答えたのに対して、アメリカの主婦の3人に2人が
リタイア後の生活について「楽しみにしている」と答えています。

適切な資産形成を行ってリタイア後の生活が楽しみだと
答えられるようになるといいですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿

不動産投資でだまされやすい人

不動産投資では定期的にだまされて投資に失敗してしまった人の記事が出ます。 かぼちゃの馬車、サブリース、1棟RCの三為業者などなど。 定期的に記事が出るのに、それでもやっぱり不動産業者や不動産コンサルタントに だまされてしまう人はいるわけです。 今回は不動産投資でだま...