2016年3月8日火曜日

好きな“駅前” 1 位「吉祥寺」 嫌いな“駅前” 1 位「渋谷」

こんにちは。
栄不動産株式会社です。

不動産情報サイトのアットホームが東京都民に

「駅前」についての調査をしました。

主な調査結果は下記のとおりです。


〇好きな駅前の条件

◆好きな“駅前”の条件 1 位「大きなショッピング施設がある」、  2 位「ゴミが少なくてきれい」

  好きな都内の“駅前” 1 位「吉祥寺」 2 位「新宿」 3 位「池袋」

◆周辺に住みたいと思う“駅前”の条件 1 位「大きなスーパーがある」、  2 位「ゴミが少なくてきれい」

 周辺に住みたいと思う都内の“駅前” 1 位「吉祥寺」  2 位「二子玉川」 3 位「立川」  

◆景観が好きな“駅前” 1 位「東京」 
  自然があって良い“駅前” 1 位「吉祥寺」

◆嫌いな“駅前” 1 位「渋谷」  理由「人が密集している、騒音がうるさい」  2位「新宿」、3位「池袋」

◆自宅最寄り“駅前”は好き?  「好き」 53.9%  理由「人が密集しすぎていない」

◆住まい選びの際“駅前”は大事?  「大事」73.8% 


住まい選びの際、“駅前”は大事かを聞いたところ、「はい」と回答した人は 73.8%でした。
暮らしていく上では、最寄り駅の駅前の様子や雰囲気などが重要だと考えているようです。

新宿や池袋は好き嫌いの意見が分かれているようです。
吉祥寺はどんな調査でも絶対王者ですね。

嫌いな街にだけランクインの渋谷ですが再開発が終われば
少しはランクアップできるのでしょうか?
ひとまず乗り換えの不便さは解消されてほしいです。



不動産投資は物件を購入してからが大切です。

物件を購入すればすぐに利益が確定するものではなく運営をしながら
利益を得ていくものだからです。

そしてその利益は入居者がいなければ生まれません。
投資をする前に物件の最寄駅の周辺の様子なども確認が必要ですね。



0 件のコメント:

コメントを投稿

地価の変動から投資対象地を考える

こんにちは。 栄不動産株式会社です。 http://s-fudousan.cbiz.co.jp 平成30年の「公示地価」が3月27日に公表され、関東南部を中心とする 「東京圏」は住宅地、商業地ともに5年連続で上昇しました。 特に東京23区ではすべて地点で地価が上昇し...